2024-07

名牝たちの記憶

サンエイサンキュー|歴代最強馬|”酷使”という宿命を背負った名牝|名牝たちの記憶㉕

この記事では、日本歴代最強馬 名牝たちの記憶㉕”酷使”という宿命を背負った名牝サンエイサンキューを紹介。430kg前後の小さな芦毛の馬体で1年半も休むことなく、走り続けたサンエイサンキュー。そして、迎えた有馬記念で彼女の脚は、限界をとうに超していた。それはまさに酷使と呼べるほど、明らかに使われ過ぎが原因だった。
名牝たちの記憶

ホーリックス|歴代最強馬|2222の死闘を演じた名牝|名牝たちの記憶㉔

この記事では、名牝たちの記憶㉔ 2222の死闘を演じた名牝ホーリックスを紹介。1989年のジャパンカップは、日本からオグリキャップやスーパークリークといった超名馬たちが、凱旋門賞馬キャロルハウス、前年の覇者ペイザバトラーなどを迎え撃つレースとなるはずだったが…