日本 歴代 最強馬 シリーズ 名牝たちの記憶② 才媛たる最強牝馬ブエナビスタ

名牝たちの記憶

日本歴代最強馬 シリーズ 名牝たちの記憶②

才媛たる最強牝馬ブエナビスタ

 

スペイン語で『素晴らしい絶景』と名付けられた、その牝馬が生まれ持ったものは最強という名の宿命である。その宿命に打ち勝ち最強牝馬の名を欲しいままにしたブエナビスタ
今回は、そのブエナビスタが挑んだ宿命に対する蹄跡の記憶を振り返りたい。

才媛たる最強牝馬ブエナビスタ

良血の宿命

父は言わずと知れた天才・武豊騎手に日本ダービーという初の栄冠をもたらしGⅠ4勝を挙げた名馬スペシャルウィーク。母は今や日本が誇る超名牝エアグルーヴと同期で死闘を演じ自身も2歳女王に輝いたビワハイジ
そんな武豊騎手を真の男にした父スペシャルウィークと最多記録を持つ偉大な母ビワハイジの間に生まれたブエナビスタは生まれた時から良血すぎたのだ。父と母だけでも贅沢な配合に加えて父の父は大種牡馬サンデーサイレンス。母の父は世界的名種牡馬カーリアンである。これでもか!っていうほどの良血馬が持つ宿命――それは勝ち続けなければならないという競馬ファンの期待。素晴らしい絶景を魅せ続けるためブエナビスタは2歳の秋に堂々の1番人気で淀のターフに脚を踏み入れた。

期待に応える走りも……

デビュー戦こそ、のちの皐月賞馬アンライバルド(父ネオユニヴァース)と同父を持ち翌年の日本ダービー2着となったリーチザクラウンの後塵を踏んで3着となったが、そこから5連勝で良血馬の意地を魅せた。この5連勝には阪神ジュベナイルフィリーズで2歳女王に輝き母娘2代制覇を達成。桜花賞・オークスを勝ち牝馬二冠馬、見事に母の雪辱を果たした。そして、舞台は仏国の凱旋門賞に照準が合わされた。しかし、前哨戦となった古馬との初対決となった札幌記念では大外から上がり3ハロン最速の末脚を見せるも勝った伏兵馬ヤマニンキングリーにクビ差届かずの2着。これによって凱旋門賞は白紙となる。

勝ち切れない最強牝馬

凱旋門賞の出走を取りやめ国内に専念したブエナビスタの目指すはもちろん牝馬三冠である。良血すぎる馬にとって競馬ファン誰もが牝馬三冠の誕生を夢見たであろう。しかし、内側の馬群に包み込まれ苦しい状態から抜け出すも2着が精一杯。しかも斜行妨害が認められ3着に降着となってしまう。牝馬三冠最後のレースは後味が悪い結果となった。なお、この年の凱旋門賞はGⅠ6連勝で制した世界的名馬シーザスターズである。仮にブエナビスタが出走していたらシーザスターズに勝てたかどうか、今になっては競馬の神のみぞ知るだろう。

画像はイメージです。

その後、秋華賞馬レッドデザイア(父マンハッタンカフェ)がエリザベス女王杯を回避し誰もがブエナビスタの勝利を確証したであろう。圧倒的な1番人気に支持された。ところがレースでは11番人気のクィーンスプマンテと12番人気のテイエムプリキュアの大逃げにペースを惑わされ最後の直線で上がり3ハロン32・9という驚異的な鬼脚を魅せるも届かずの3着に終わる。続く年末の大一番グランプリ有馬記念でも堂々の1番人気に支持されたが三冠馬オルフェーブル(父ステイゴールド)の全兄ドリームジャーニーに半馬身差交わされての2着。またしても自慢の鬼脚は不発に終わってしまい、最強牝馬と誰もが信じながらGⅠレースで勝ち切れない日々が続いた。

高連対率の最強牝馬

勝てそうで勝てない。これは父スペシャルウィーク(菊花賞・宝塚記念・有馬記念とGⅠで2着が3回)同様で父の遺伝子が強く出たのかも知れないと言われている。
明け4歳となりドバイ前哨戦の京都記念GⅡは難なく勝利するもドバイシーマカップGⅠでは2着、牝馬限定のヴィクトリアマイルでは断トツの1番人気で辛勝。続く宝塚記念では伏兵馬ナカヤマフェスタ(父ステイゴールド)の2着(のちの凱旋門賞2着馬に伏兵馬とは失礼?)夏の休養を経て天皇賞・秋では翌年の宝塚記念を制するアーネストリー(父グラスワンダー)など並み入る強豪を抑えてGⅠ5勝目を獲得するもジャパンカップでは1着入線も進路妨害が認められローズキングダム(父キングカメハメハ)の2着に降着。この年の締めくくるとなる有馬記念でもヴィクトワールピサ(父ネオユニヴァース)にハナ差2着で敗れた。これで3歳の有馬記念から数えて8戦連続の連対率を誇った。

最強牝馬の証明

5歳となり、さすがの最強牝馬も衰えを見せ始めたが、それでも年明け緒戦となったドバイワールドカップGⅠはダート戦のため別としてヴィクトリアマイルと宝塚記念で再三となる連続2着。秋には天皇賞・秋で4着となるもジャパンカップでは昨年の忘れ物を取りに最強牝馬の証明を見せクビ差の辛勝。見事GⅠ6勝目とともに父子2代制覇の偉業を達成した。

画像はイメージです。

そして、引退レースとなった暮れの有馬記念で後輩オルフェーブルに引導を渡すようにして7着でフィニッシュ。最強牝馬は2歳のデビュー戦から、この年の天皇賞・秋まで19戦連続で1番人気という歴代1位の記録を残しターフを去った。

超良血を継ぐ母として

23戦9勝――うちGⅠ6勝、GⅠ2着が7回という数字はまさに最強牝馬の名に相応しい戦績である。そんな最強牝馬ブエナビスタを待つ次のステージは母としての最強繁殖牝馬継承である。
母ビワハイジはブエナビスタを含め全部で12頭の産駒を世に残したが6頭もの重賞勝ち馬(うちGⅠ馬は2頭)を輩出。これは繁殖牝馬として日本史上最多記録を持っている。しかし、10年が経過した繁殖生活でデビューした産駒は僅か4頭。しかもオープン入りする仔はいるも重賞勝ち馬は未だ現れていない。この先、偉大な母ビワハイジから続く超良血を継承する若駒が誕生するのを静かに待ち続け、その若駒とともに素晴らしい絶景を見ることを夢見つつ。

スペシャルウィーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
ビワハイジ Caerleon Nijinsky
Foreseer
アグサン Lord Gayle
Santa Luciana

生涯戦績 23戦9勝(9-8-3-3)
主な勝鞍 阪神JF、桜花賞、オークス、ヴィクトリアマイル、天皇賞・秋、ジャパンカップ


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ブエナビスタの鬼脚炸裂~ポチっと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました