新馬戦 2022 まだまだ暑さは続く? 今日の新馬戦20220827

新馬戦 2022

新馬戦 2022 まだまだ暑さは続く?

今日の新馬戦20220827

 

さあ、今週もやってきました週末の新馬戦。今日は三冠牝馬アパパネの娘が登場しました。結果は如何に?
それでは早速、今日もオールド競馬ファンが懐かしく思う血統を持つ若駒たちを紹介していきます。

今日の若駒たち 牡馬4頭 牝馬5頭

叔父は天皇賞馬トーセンジョーダン

タッチャブル(牡2)[美]宮田敬
リアルスティール ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ラヴズオンリーミー Storm Cat
Monevassia
フルボイス ルーラーシップ キングカメハメハ
エアグルーヴ
エヴリウィスパー ノーザンテースト
クラフティワイフ

フルボイスの半兄に2011年の天皇賞・秋を制したトーセンジョーダン(父ジャングルポケット)がいます。また、祖母エヴリウィスパーの半弟にはスパイキュール(父サンデーサイレンス)がいますね。伯父に天皇賞馬、大叔父にダート戦7戦無敗も故障引退となった未完の大器を持つタッチャブル君ですが今日は8番人気で7着といいところがありませんでした😢

大伯母は秋華賞馬エアメサイア

シゲルハピネス(牝2)[美]松山将
モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
ビガップ ネオユニヴァース サンデーサイレンス
ポインテッドパス
エアジャメヴー シンボリクリスエス
エアデジャヴー

祖母エアジャメヴー(父ノーザンテースト)の半姉に2005年の秋華賞を制したエアメサイア(父サンデーサイレンス)がいます。エアメサイアと言えば、牝馬変則二冠を達成するも調教中に心不全のため急逝したラインクラフトとのクラシック戦線の死闘を思い出されます。未だに桜花賞・NHKマイルCの変則二冠を達成したのはラインクラフト1頭のみ。余計に急逝したことが悔やまれますね。おっと、話がラインクラフトになってしまいましたが、そのライバルだったエアメサイアを大伯母に持つシゲルのハピネスちゃんの今日は10番人気で13着(最下位)でした。

伯母は秋華賞馬エアメサイア

ナンヨーウイング(牝2)[美]宗像義
オルフェーブル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート
エアシンフォニー ルーラーシップ キングカメハメハ
エアグルーヴ
エアデジャヴー ノーザンテースト
アイドリームドアドリーム

次は母エアシンフォニーの半姉に秋華賞馬のエアメサイアがいます。血統表を見ていただければお分かりの通り、先ほどの森中シゲルのハピネスちゃんはエアデジャヴーの曾孫で南陽のウイングちゃんはエアデジャヴーの孫ですね。90年代を盛り上げたエアデジャヴーの孫・曾孫たちがターフを賑わす。オールド競馬ファンにとっては感涙ものです。さて今日のウイングちゃんですが4番人気で16着と不甲斐ない結果となりました。次走での巻き返しに期待したいです。

母は牝馬三冠馬アパパネ

アスパルディーコ(牝2)[美]蛯名正
ブラックタイド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
アパパネ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
ソルティビッド Salt Lake
Piper Piper

さあ、今日の注目馬の登場です。母は2010年に牝馬三冠馬となったアパパネです。そして半姉には記憶に新しい昨年の秋華賞馬アカイトリノムスメ(父ディープインパクト)がいますし、また3頭の半兄は全てオープン戦で活躍するなど繁殖牝馬としても名牝となったアパパネを母に持つディーコちゃん。馬主はリアルダビスタの金子さん。そして現役時アパパネの主戦騎手だった蛯名正義調教師にディーコちゃんを預託した金子さん。血統の浪漫とは違いますが、騎手で母を栄光に導き、調教師で娘を栄光に導く。これも競馬の浪漫であり醍醐味ですよね。さて、そんな競馬の浪漫を背負った今日のディーコちゃんは断然の1番人気でしたが直線伸び切れず6着と敗退しました。うーん、どうしたのでしょうか。次走に改めて期待しましょう。

4代前の母は牝馬二冠馬マックスビューティー

サバンナテソーロ(牝2)[美]高木登
ビーチパトロール Lemon Drop Kid Kingmambo
Charming Lassie
Bashful Bertie Quiet American
Clever Bertie
クリムゾンフレア サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ビューティソング ディンヒル
マックスジョリー
血統表をご覧ください。曾祖母マックスジョリー(父リアルシャダイ)の母は昭和を代表する名牝マックスビューティなんですよ!そのマックスビューティは1987年の桜花賞・オークスと制し、三冠が期待されたエリザベス女王杯(当時は秋華賞がなかったためエリザベス女王杯が牝馬三冠レースの対象だった)では惜しくもタレンティドガール(父リマンド)の2着に敗れてしまうんです。なお、タレンティドガールの半兄ニッポーテイオー(父リイフォー)が2週間前に行われた天皇賞・秋を制しており兄妹でGⅠ制覇が話題となりました。さて、そんな昭和を彩った名牝の血を継ぐサバンナちゃんですが今日は12番人気で11着と見せ場なく終わってしまいました。

伯父は高松宮記念の勝ち馬ファイングレイン

アサクサヴィーナス(牝2)[美]高柳瑞
モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
アサクサティアラ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ミルグレイン Polish Precedent
Mill Line
アサクサティアラの半兄に2008年の高松宮記念を制し短距離界で活躍したファイングレイン(父フジキセキ)がいます。現在ファイングレインは種牡馬としてフランス・アイルランドで活躍しています。海外で血を拡げる伯父を持つヴィーナスちゃんですが、今日は2番人気で3着とまずまずの成績でした。将来的には伯父のように海外で活躍する競走馬に成長してほしいですね。

大伯父は二冠馬エアシャカール

キリンジ(牡2)[栗]佐々木
キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
キャットクイル Storm Cat
Pacific Princess
タイムピース ルーラーシップ キングカメハメハ
エアグルーヴ
エアラグーン サンデーサイレンス
アイドリームドアドリーム

祖母エアラグーンの全兄に2000年の皐月賞と菊花賞を制したものの日本ダービーでは僅かハナ差でアグネスフライト(父サンデーサイレンス)の2着だったハナ差で三冠を逃した準三冠馬・・・・・エアシャカールがいますね。そんな偉大な大伯父を持つキリンジ君。今日は6番人気で5着との結果に終わりました。種牡馬入り直後、事故のため早逝した(残した産駒は僅か4頭)大伯父の分まで活躍し将来は種牡馬入りを目指してほしいです。

曾祖母は天才に海外GⅠ初勝利をもたらしたスキーパラダイス

ペリエール(牡2)[美]黒岩陽
ヘニーヒューズ Hennessy Storm Cat
Lsland Kitty
Meadow Flyer Meadowlake
Shortiey
ソフトライム フジキセキ サンデーサイレンス
ミルレーサー
アスピリンスノー エルコンドルパサー
スキーパラダイス

曾祖母スキーパラダイス(父リファール)は1994年、武豊騎手(日本人騎手)に海外GⅠ初勝利をプレゼントした名牝ですね。繁殖入り後はエアトゥーレ(父トニービン)を出し、そのエアトゥーレは皐月賞馬キャプテントゥーレ(父アグネスタキオン)を輩出しています。良血を引き継ぐペリエ君。今日は2番人気でしたが、出走メンバー上がり3ハロン最速の脚を見せて見事1着に輝きました。この調子で90年代に活躍したスキーパラダイスから繋がる系譜を残していってほしいです。頑張れペリエ君!(オリビエじゃないよ)

何でここでオジギャクを言う?

面白いと思ってのかな?

4代前の母は日本が誇る名牝エアグルーヴ

アレクサ(牡2)[美]斎藤誠
リアルスティール ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ラヴズオンリーミー Storm Cat
Monevassia
アルテーロ ハービンジャー Dansili
Penang Pearl
グルーヴィクイーン キングカメハメハ
イントゥザグルーヴ

今やドゥラメンテなどの活躍で一族を形成しつつある名牝エアグルーヴの血を持つ血統背景ですね。さて今日のアレクサ君ですが6番人気で出走も4着と健闘しました。改めて次走に期待したいですね。

さて、今日もお届けしましたオールド競馬ファンが懐かしく思う血統を持つ若駒たち。アパパネの娘やマックスビューティの血を継ぐ若駒などが出走し熱い1日となりました。明日は菊花賞馬トーホージャッカルの近親血統を持つ若駒やSS産駒最強の逃げ馬と呼ばれたサイレンススズカの近親などが出走予定。明日も見逃せません!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑ポチっとしてくれたら嬉しいな♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました