新馬戦 2022 いよいよ開幕! あなたの推しウマは?20220604

新馬戦 2022

新馬戦 2022 いよいよ開幕! あなたの推しウマは?20220604

 

さあ、今年の新馬戦が始まりました!

どの仔もまだ初々しさが残る新馬たち。ほんと可愛いですよね。

さて、本日は、今日行われた新馬戦(東京・中京それぞれ1Rずつ)の中からオールド競馬ファンが懐かしく思う血統を持つ若駒たちを紹介コーナーです。オールド競馬ファンとして、今年も懐かしい名馬たちの血を系譜する馬が走るとあって感無量です😢

って、思い出に浸っている場合やない。

それでは、早速ですが、まずは東京で行われたレースからピックアップ。

今日の若駒たち 牡馬3頭 牝馬4頭

半兄は香港C2度制覇のグローリーヴェイズ

エゾダイモン(牡2)[栗]武幸四

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス
メジロツボネ スウェプトオーヴァーボード エンドスウィープ
Sheer lce
メジロルバート メジロライアン
メジロラモーヌ

香港カップGⅠを2度制しているグローリーヴェイズの半弟です。馬主はウマ娘を生産した社長。武幸四郎厩舎所属で武豊騎手が騎乗しました。今日は2番人気で4着でしたが、メジロの血を見ると嬉しいですね。

母系はメジロツボネーメジロルバートメジロラモーヌ(牝馬初の三冠馬)ーメジロヒリュウと続いていますからダイモン君には是非ともメジロの血を継承してほしいです。ちなみに祖母の父はメジロライアン。うーん、余計に応援したくなる血統です。

母はシンハライトのオークス2着

ノッキングポイント(牡2)[美]木村哲

モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
チェッキーノ キングカメハメハ King mambo
マンファス
ハッピーパス サンデーサイレンス
ハッピートレイルズ

母方の祖母がシンコウラヴリイの半妹です。母チェッキーノはシンハライトのオークスで2着に入った実力馬です。祖母ハッピーパスに関してもクラシック戦線ではそれなりに活躍しましたし、何せシンコウラヴリイの半妹ですからね。しかし、シンコウラヴリイ強かったなあ。さて、このレース1番人気で出走したポイント君。今日は3馬身差の圧勝でした。この先も期待大ですね。彼には、母(2着)と祖母(7着)が敗れたオークスで雪辱を果たしてほしいです。これこそが競馬の浪漫・醍醐味ですよ!

って男の子やからオークス出られへんやん……。

おじさん、ほんまに競馬知ってんの?

伯母は2歳女王 スティンガー

バロックダンス(牝2)[美]小手川

モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
リトミックダンス ダンスインザダーク サンデーサイレンス
ダンシングキイ
レガシーオブストレングス Afflirmed
Katonka

母がスティンガーの半妹です。あのスティンガーですよ。サンデー初期の仔でじゃじゃ馬娘って感じでしたが、当時の2歳女王ですからね。クラシックはプリモディーネ(福永騎手に初めてGⅠをプレゼントした馬)やウメノファイバーに負けましたが、存在感を充分にアピールしました。ちなみにトゥザビクトリーも同世代で走っていましたね。まあ、バロックダンスちゃんにスティンガーの血は直接は流れていませんけど、それでも近親ってことで。今日は、8番人気ながら3着と健闘しました。この先を期待したいですね。

伯父は重賞2勝馬ダノンバラード

ロードスパイラル(牡2)[栗]清水

キタサンブラック ブラックタイド サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
シュガーハート サクラバクシンオー
オトメゴコロ
エンジェリックレイ ダイワメジャー サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
レディバラード Unbridled
Angelic Song

母はオルフェーブルと同世代だったダノンバラードの半妹です。うーん、伯父さんがオルフェと同期。そこそこ強かっただけに運がないとしか言いようがないですかね😓そして、スパイラル君は血統的にサンデーの3✕3なんですよね。気性的に大丈夫かな。今日は、6番人気で5着でした。いやー、これだけ見てもオールドファンとしては、感動ものです😢

画像はイメージです。

ちょっと90年代を振り返りすぎ感が御座いますが、もう少しお付き合いください。

では、続いて中京で行われた若駒をピックアップしました。

伯父はGⅠ7勝馬キタサンブラック

メイショウオトギ(牝2)[栗]池添兼

レッドファルクス スウェプトオーヴァーボード エンドスウィープ
Sheer lce
ベルモット サンデーサイレンス
レガシーオブストレングス
ヒガシドリーム ドリームジャーニー ステイゴールド
オリエンタルアート
シュガーハート サクラバクシンオー
オトメゴコロ

母が賞金王キタサンブラックの半妹となります。そして、父方の祖母ベルモットはスティンガーの全妹。何だかスティンガーの近親率が高いのは気のせい? 今日は8番人気で勝った馬から2秒差の最下位でした。次走の巻き返しに期待ですね。

母はダービー馬マカヒキの全姉

トゥーテイルズ(牝2)[栗]藤原英

ラブリーデイ キングカメハメハ kingmambo
マンファス
ポップコーンジャズ ダンスインザダーク
グレイスルーマー
ウリウリ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ウィキウィキ フレンチデピュティ
リアルナンバー

母は日本ダービー馬マカヒキの全姉ウリウリですね。そして、父がラブリーデイですから金子ブランド血統です。今日は、3番人気で6着でした。ダービー馬の叔父が、まだまだ現役で頑張っている限り頑張るしかないですね。

伯父は最強の1勝馬エタリオウ

リアリーホット(牝2)[栗]斎藤

ロードカナロア キングカメハメハ kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
ホットチャチャ Cactus Ridge Hennessy
Double Park
Reduced Sentence Broad Brush
Long Term

1勝馬ながら約2億円稼いだエタリオウの半妹です。今日は、現在リーディング独走中の川田騎手を背に2番人気でしたが4着でした。リアリーホットちゃんには、兄のようなシルバーコレクターではなく1着(最低2回!)を取れるよう応援したいですね。

いやー良いですね。キタサンブラック、マカヒキといったGⅠ馬の近親に最強の1勝馬の妹。今日の結果は散々でしたが、まだまだ彼女たちの競争生活は始まったばかり。とにかく無事に競争生活を送ってほしいです。

 

最後に本日行われたGⅢの鳴尾記念には、名牝ジェンティルドンナの娘ジェラルディーナ(牝4、父モーリス)が走りました。惜しくも重賞初制覇には届きませんでしたが、それでも2着と存在感をアピールしました。

そして、このレースに勝ったのが、何と屈腱炎のため長期休養明け(16カ月半)だったヴェルトライゼンデ(牡5,父ドリームジャーニー)なんですよ。

ヴェルト、ライデ、ゼンデ? おじさんには、ちょっと噛んでしまう馬名ですが……😢

半兄に重賞勝ち馬ワールドエースと菊花賞馬ワールドプレミアがいます。偉大な兄たちに追いつこうと大怪我から復帰し頂点を目指す弟。これまた、血統好きには泣かせる話ですね。

16カ月半の休み明けで重賞を勝ってしまうのですから、底力は半端なく兄たちにも劣りません。また、このレースの賞金を加算して、父ドリームジャーニー産駒の中で獲得賞金トップとなりました。現時点でドリームジャーニーの代表産駒となったわけです。

さて、明日の新馬戦にも90年代の名馬に繋がる仔馬たちが登場しますし、何と言っても安田記念GⅠが行われますね。競馬ファンにとって、毎週末が寝られない日々。でもそれが人生を豊かにしてくれています。競走馬たち、競馬関係者の方々には、日々感謝です!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ポチっとをお願いします↑↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました