新馬戦 2022 新・白毛一族が登場。今日の新馬戦 20220703

新馬戦 2022

新馬戦 2022 新・白毛一族が登場。今日の新馬戦 20220703

 

台風の影響か雨が降って少し気温が下がりましたね。今日デビューした若駒たちも幾分か走りやすかったのではないでしょうか。

さて、今日も3場(福島・小倉・函館)で行われた新馬戦。注目は、新たな白毛一族を担うゴルシの息子が登場するなど、話題が絶えません。では、さっそく今日の新馬戦から懐かしの血統を受け継ぐ若駒たちをピックアップしました! どうぞ、ご覧ください。

今日の若駒たち 牡馬4頭 牝馬0頭

伯父は2歳王者グランプリボス

フロムナウオン(牡2)[美]手塚貴
モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
アドマイヤキュート キングカメハメハ kingmambo
マンファス
ロージーミスト サンデーサイレンス
ビューティフルベーシック

母の半兄がグランプリボス(父サクラバクシンオー)です。グランプリボスと言えば、父の驀進王と同じく短距離戦線で活躍し、2010年の朝日杯フューチュリティステークスGⅠと翌年のNHKマイルカップGⅠを勝ちました。そんな偉大な伯父を持つナウオン君ですが、今日のレースは芝1800メートル。そこを1番人気に応えての辛勝でした。この先の距離路線は分かりませんが、伯父と同じく朝日杯を目指し走ってほしいですね。

祖母はナリタブライアンの従妹ファレノプシス

パラシューマ(牡2)[栗]浜田多
トランセンド ワイルドラッシュ アイルドアゲイン
ローズパーク
シネマスコープ トニービン
ブルーハワイ
クライミングローズ マンハッタンカフェ サンデーサイレンス
サトルチェンジ
ファレノプシス ブライアンズタイム
キャットクイル

さあ、登場しました母の母がファレノプシス(父ブライアンズタイム)ですよ。そうです、ナリタブライアンの従妹を祖母に持つ血統背景なのです。これは応援しないわけにはいきません。そんなシューマ君ですが、今日は2番人気で2着と勝った馬に2馬身ほど差は付けられましたが、人気通りということ、そして、デビュー戦ということで良しとしましょう。次走こそは勝ち上がってほしいです。

エアグルーヴの2✕2

キタノグリエル(牡2)[美]萱野
ザサンデーフサイチ ダンスインザダーク サンデーサイレンス
ダンシングキイ
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール
パッシオーネ ゼンノロブロイ サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
カーリーパッション トニービン
ダイナカール

本日、3頭目となったグリエル君の血統背景が凄いんですよ。

何が凄いかって? まあ、落ち着いて聞いてくださいよ旦那。

また言ってるよ。1人オジ乗り突込み。

逆に旦那はどこって突っ込みたい。

まず、父の母(祖母)は言わずと知れた日本の名牝エアグルーヴです。そして、母の母(祖母)カーリーパッションエアグルーヴの全姉なんです!これって凄くないですか?

祖母が同じ血統。プラス両祖父の父がサンデーサイレンス。何とグリエル君はサンデーサイレンスの3✕3とエアグルーヴの2✕2を持つ血統なんです。まあ、実際はエアグルーヴの✕2ではないですが、言い換えれば全姉なのでそうなりますよね。

まさに日本競馬の血統史を塗り替えたサンデーサイレンスに日本が誇る名牝エアグルーヴが入り混じった超近親配合の完成です。そんなグリエル君ですが、今日は8番人気で8着と断トツの最下位でした😢

この超近親配合が吉と出るか、そしてザサンデーフサイチの代表産駒(獲得賞金3,000万ほど稼げば代表産駒になれるぞ)となり得るか、今後も注目したいですね。

新・白毛一族の野望

最後に本日の主役登場です。

アオラキ(牡2)[美]田村康
ゴールドシップ ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
ポイントフラッグ メジロマックイーン
パストラリズム
カスタディーヴァ High Chaparral Sadler’s Wells
kasora
The Opera House Zabeel
Carmina Burana

突然変異から誕生したシラユキヒメ(父サンデーサイレンス)を祖とする白毛一族(ソダシが有名ですね)と違った新・白毛一族の血を継ぐアオラキ君。

青ラキ? 白やのに。シロラッキー……とかとちゃうんかい?

馬名の由来はニュージーランドのクック山の別名でマリオ語で「雲を貫く」だそうよ。

これは大変、失礼しました😓

いやー「雲を貫く」まさに白毛一族にピッタリの馬名ですね! 素晴らしい馬名です。

切り替え、はやっ!

そんなアオラキ君の祖は、ニュージーランドで生まれた母の母ジオペラハウスとなります。また、母カスタディーヴァも白毛で4年前まで中央競馬で走っていました。戦績はそっとしておきましょう。

父に芦毛の暴君ゴルシを持つ白毛馬アオラキ君ですが、今日は3番人気ながらスタートから流れに乗れず4着でした。しかし、彼の新ホワイトファミリー伝説は始まったばかり。きっと暴君の血も引いているはず。この先、大暴れすることを期待したいですね(もちろん、ゲートで立ったり、ワープしたりっていう意味ではないです)

重賞初騎乗初勝利(今村聖奈騎手)

さて、今日も続々と可愛い若駒たちがデビューしました。そんな中、新馬戦ではないですが、小倉で行われたCBC賞GⅢで重賞初騎乗初勝利しかも日本レコードのおまけ付きを成し遂げた今村聖奈騎手は凄かったですね。さすがは世界を目指しているだけあって、勝利騎手インタビューも謙虚で堂々としていました。若干18歳の少女とは思えない素晴らしい方です。これからも応援し続けたいと思います。

今日も話題盛りだくさんだった新馬戦。次週も悲劇の名牝を伯母に持つ良血馬などが登場予定です。とにかく、無事に出走できることを祈りつつ、また週末を待ち侘びたいと思います。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ポチっとな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました