名馬たちの記憶

名馬たちの記憶

日本 歴代 最強馬 シリーズ 名馬たちの記憶④ 輝く1等星アドマイヤベガ

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ 名馬たちの記憶と題して様々な名馬たちを紹介しています。今回は名牝ベガの初仔であり日本ダービー馬のアドマイヤベガです。生まれる前から宿命と戦った彼は最後まで宿命と戦い、風の如くこの世を去ってしまいます。
名馬たちの記憶

日本 歴代 最強馬 シリーズ 名馬たちの記憶③ 巨漢の短距離 最強馬 ヒシアケボノ

この記事では、日本歴代最強馬シリーズとして名馬たちの記憶を振り返ります。第3回目となる今回は、巨漢の短距離最強馬ヒシアケボノです。現在も560kgという最高馬体重GⅠ勝利馬としての記録を保持し続けるヒシアケボノの記憶を今回は振り返ってみたい。
名馬たちの記憶

日本 歴代 最強馬 シリーズ 名馬たちの記憶② 短距離最強馬サクラバクシンオー

名馬たちの記憶シリーズ第2回目は、最強短距離王サクラバクシンオーです。サクラバクシンオーと言えば、中距離血統だが中距離ではダメで短距離になると無類の強さを発揮した最強馬。また、母父としてはキタサンブラックを輩出するなど血統競馬の面白さも示した最強馬でしたね。
名馬たちの記憶

日本 歴代 最強馬 シリーズ 名馬たちの記憶① 幻の三冠馬フジキセキ

この記事では、歴代最強馬シリーズ、題して『名馬たちの記憶』をお送りします。第1回目となる最強馬は、幻の三冠馬と言われたフジキセキです。日本血統史を塗り替えたとまで言われている大種牡馬サンデーサイレンスの初年度産駒フジキセキの記憶に迫ります。
競馬

『名馬たちの記憶』執筆にあたり

この記事は、名馬たちの記憶シリーズを執筆するにあたり私の想いを綴ったものです。悲しいかな、人は時を重ねるに連れ、忘れてしまう生き物である。そこで私は備忘録として、いつまでも記憶として残していたい数々の名馬たちをピックアップし名馬たちの記憶として残していきたい。
タイトルとURLをコピーしました