競馬 ニュース 馬

競馬コラム

菊花賞の王道路線として愛された1999年以前の京都新聞杯を振り返る【競馬コラム】

京都新聞杯と聞いて、やはり思い返されるのは、菊花賞への王道路線である。これまで、多くの菊花賞馬を生んだ京都新聞杯は、日本競馬史に残る名馬が次々に誕生したといっても過言ではないだろう。そこで今回は、伝統あるステップレース・京都新聞杯を制した名馬たちを振り返りたい。
G1歴代勝ち馬一覧

桜花賞(G1)過去の勝ち馬と騎手・過去のレース傾向【歴代勝ち馬一覧】

この記事では、牝馬三冠レースの第1弾・桜花賞の過去の勝ち馬及び騎手と過去のレース傾向を紹介。1939年にイギリスの「1000ギニー」をモデルとして、創設された桜花賞は、これまで幾多の名牝を輩出してきた日本を代表するG1レースの1つといっても過言ではない。
名馬たちの記憶

ショウワモダン|歴代最強馬|史上最多キャリアでの栄光|名馬たちの記憶㊷

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名馬たちの記憶㊷史上最多キャリアでの栄光 ショウワモダンを紹介。馬名の由来とおり、昭和の時代を振り返るかのように”走りに走って”栄光を見たショウワモダン。その栄光は、かつて父エアジハードが見た同じ光景そのものだった…。
G1歴代勝ち馬一覧

大阪杯(G1)過去の勝ち馬と騎手・過去のレース傾向【歴代勝ち馬一覧】

この記事では、春の古馬中距離王決定戦に位置づけされている大阪杯の過去の勝ち馬と騎手、そして過去12年間のレース傾向を紹介している。創設されてから、2024年で第68回目を迎える歴史ある大阪杯は、幾多の名馬たちを誕生させた。そして、ここから天皇賞・春、宝塚記念につながるため、春競馬を占う大事なレースの1つといえるだろう。
名牝たちの記憶

デアリングハート|歴代最強馬|助演から主演への系譜|名牝たちの記憶㉓

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名牝たちの記憶㉓助演から主演への系譜デアリングハートを紹介。2005年の牝馬世代は未だ最強牝馬世代との呼び声高い。その中でも最強のライバル馬たちと戦い続け、名バイプレーヤーとして名を馳せたデアリングハート。15年後に孫のデアリングタクトが史上初の三冠牝馬に輝くとは、いったい誰が想像しただろうか…。
名牝たちの記憶

エアメサイア|歴代最強馬|母の無念を晴らした天才との道|名牝たちの記憶㉒

この記事では、日本歴代最強シリーズ名牝たちの記憶㉒母の無念を晴らした天才との道エアメサイアを紹介。2005年の牝馬三冠レースを大いに賑わした1頭のエアメサイア。母のエアデジャヴーが牝馬三冠レースすべてを惜敗した中で娘のエアメサイアも惜敗が続いたが、最後の一冠にて栄光を勝ち取るのである。
名牝たちの記憶

ラインクラフト|歴代最強馬|天才2世が愛した早逝のヒロイン|名牝たちの記憶㉑

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名牝たちの記憶㉑天才2世が愛した早逝のヒロイン ラインクラフトを紹介。史上初となる桜花賞・NHKマイルCを制し、変則二冠馬に輝いたラインクラフト。しかし、突然の病が偉大なる彼女の命を奪い去ったのである。
G1歴代勝ち馬一覧

高松宮記念(G1)過去の勝ち馬と騎手・過去のレース傾向【歴代勝ち馬一覧】

この記事では、春のスプリント王決定戦である高松宮記念の歴代勝ち馬と騎手を紹介する。古くは、ハイセイコーやトウショウボーイ、オグリキャップ、ナイスネイチャなどが前身の高松宮杯で優勝した歴史あるレース。昨今ではキンシャサノキセキやロードカナロアといった名馬たちも優勝している。
競馬

祖母はマイル女王 2012年の天皇賞馬ビートブラックを懐古【週刊競馬ニュース】

2012年の天皇賞・春(G1)を14番人気で制したビートブラックが2月13日、重度の骨盤骨折にて栃木県宇都宮市の馬事公苑内で亡くなったことを翌14日にJRAが発表した。享年17歳。同馬は引退後、2023年春まで京都競馬場で誘導馬として活躍。
G1歴代勝ち馬一覧

フェブラリーステークス(G1)過去の勝ち馬と騎手・過去のレース傾向【歴代勝ち馬一覧】

この記事では、1984年にG3として創設され、1997年から現在のG1に昇格となったフェブラリーステークスの歴代勝ち馬と騎手を紹介する。改めて過去の勝ち馬を見てみるとホクトベガやライブリマウント、カネヒキリといったダート界を牽引した懐かしい名馬や柴田政人騎手・増沢末夫騎手などの往年の名騎手がズラリと並んでいる。