新着記事

名牝たちの記憶

サンエイサンキュー|歴代最強馬|”酷使”という宿命を背負った名牝|名牝たちの記憶㉕

この記事では、日本歴代最強馬 名牝たちの記憶㉕”酷使”という宿命を背負った名牝サンエイサンキューを紹介。430kg前後の小さな芦毛の馬体で1年半も休むことなく、走り続けたサンエイサンキュー。そして、迎えた有馬記念で彼女の脚は、限界をとうに超していた。それはまさに酷使と呼べるほど、明らかに使われ過ぎが原因だった。
名牝たちの記憶

ホーリックス|歴代最強馬|2222の死闘を演じた名牝|名牝たちの記憶㉔

この記事では、名牝たちの記憶㉔ 2222の死闘を演じた名牝ホーリックスを紹介。1989年のジャパンカップは、日本からオグリキャップやスーパークリークといった超名馬たちが、凱旋門賞馬キャロルハウス、前年の覇者ペイザバトラーなどを迎え撃つレースとなるはずだったが…
競馬コラム

菊花賞の王道路線として愛された1999年以前の京都新聞杯を振り返る【競馬コラム】

京都新聞杯と聞いて、やはり思い返されるのは、菊花賞への王道路線である。これまで、多くの菊花賞馬を生んだ京都新聞杯は、日本競馬史に残る名馬が次々に誕生したといっても過言ではないだろう。そこで今回は、伝統あるステップレース・京都新聞杯を制した名馬たちを振り返りたい。
G1歴代勝ち馬一覧

桜花賞(G1)過去の勝ち馬と騎手・過去のレース傾向【歴代勝ち馬一覧】

この記事では、牝馬三冠レースの第1弾・桜花賞の過去の勝ち馬及び騎手と過去のレース傾向を紹介。1939年にイギリスの「1000ギニー」をモデルとして、創設された桜花賞は、これまで幾多の名牝を輩出してきた日本を代表するG1レースの1つといっても過言ではない。

名馬たちの記憶

名馬たちの記憶

ショウワモダン|歴代最強馬|史上最多キャリアでの栄光|名馬たちの記憶㊷

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名馬たちの記憶㊷史上最多キャリアでの栄光 ショウワモダンを紹介。馬名の由来とおり、昭和の時代を振り返るかのように”走りに走って”栄光を見たショウワモダン。その栄光は、かつて父エアジハードが見た同じ光景そのものだった…。
名馬たちの記憶

メジロマックイーン|歴代最強馬|芦毛の最強ステイヤー|名馬たちの記憶㊶

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名馬たちの記憶㊶芦毛の最強ステイヤーメジロマックイーンを紹介。史上初となる父仔3代の天皇賞制覇という大偉業を達成し、最強のステイヤーとして称賛され続けているメジロマックイーン。「世紀の一戦」「史上最大の降着」など彼の代名詞は数知れず。
名馬たちの記憶

ジャングルポケット|歴代最強馬|新時代への咆哮|名馬たちの記憶㊵

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名馬たちの記憶㊵新時代への咆哮ジャングルポケットを紹介。新世紀開幕は日本の競馬にとっても新たな門戸を開いた。その中で日本ダービーとジャパンカップを制したジャングルポケット。レース後、彼が魅せた咆哮は紛れもなく新たな時代の幕開けを宣言したように見えた。
名馬たちの記憶

アドマイヤムーン|歴代最強馬|月光の如く輝いた馬|名馬たちの記憶㊴

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名馬たちの記憶㊴月光の如く輝く馬アドマイヤムーンを紹介。世代トップと称えられながら、春のクラシックに縁がなかったアドマイヤムーン。しかし、その実力は異国の地ドバイで快挙を成し遂げ、世界のゴドルフィンに認められる存在となった。

名牝たちの記憶

名牝たちの記憶

サンエイサンキュー|歴代最強馬|”酷使”という宿命を背負った名牝|名牝たちの記憶㉕

この記事では、日本歴代最強馬 名牝たちの記憶㉕”酷使”という宿命を背負った名牝サンエイサンキューを紹介。430kg前後の小さな芦毛の馬体で1年半も休むことなく、走り続けたサンエイサンキュー。そして、迎えた有馬記念で彼女の脚は、限界をとうに超していた。それはまさに酷使と呼べるほど、明らかに使われ過ぎが原因だった。
名牝たちの記憶

ホーリックス|歴代最強馬|2222の死闘を演じた名牝|名牝たちの記憶㉔

この記事では、名牝たちの記憶㉔ 2222の死闘を演じた名牝ホーリックスを紹介。1989年のジャパンカップは、日本からオグリキャップやスーパークリークといった超名馬たちが、凱旋門賞馬キャロルハウス、前年の覇者ペイザバトラーなどを迎え撃つレースとなるはずだったが…
名牝たちの記憶

デアリングハート|歴代最強馬|助演から主演への系譜|名牝たちの記憶㉓

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名牝たちの記憶㉓助演から主演への系譜デアリングハートを紹介。2005年の牝馬世代は未だ最強牝馬世代との呼び声高い。その中でも最強のライバル馬たちと戦い続け、名バイプレーヤーとして名を馳せたデアリングハート。15年後に孫のデアリングタクトが史上初の三冠牝馬に輝くとは、いったい誰が想像しただろうか…。
名牝たちの記憶

エアメサイア|歴代最強馬|母の無念を晴らした天才との道|名牝たちの記憶㉒

この記事では、日本歴代最強シリーズ名牝たちの記憶㉒母の無念を晴らした天才との道エアメサイアを紹介。2005年の牝馬三冠レースを大いに賑わした1頭のエアメサイア。母のエアデジャヴーが牝馬三冠レースすべてを惜敗した中で娘のエアメサイアも惜敗が続いたが、最後の一冠にて栄光を勝ち取るのである。

G1歴代勝ち馬一覧

G1歴代勝ち馬一覧

桜花賞(G1)過去の勝ち馬と騎手・過去のレース傾向【歴代勝ち馬一覧】

この記事では、牝馬三冠レースの第1弾・桜花賞の過去の勝ち馬及び騎手と過去のレース傾向を紹介。1939年にイギリスの「1000ギニー」をモデルとして、創設された桜花賞は、これまで幾多の名牝を輩出してきた日本を代表するG1レースの1つといっても過言ではない。
G1歴代勝ち馬一覧

大阪杯(G1)過去の勝ち馬と騎手・過去のレース傾向【歴代勝ち馬一覧】

この記事では、春の古馬中距離王決定戦に位置づけされている大阪杯の過去の勝ち馬と騎手、そして過去12年間のレース傾向を紹介している。創設されてから、2024年で第68回目を迎える歴史ある大阪杯は、幾多の名馬たちを誕生させた。そして、ここから天皇賞・春、宝塚記念につながるため、春競馬を占う大事なレースの1つといえるだろう。
G1歴代勝ち馬一覧

高松宮記念(G1)過去の勝ち馬と騎手・過去のレース傾向【歴代勝ち馬一覧】

この記事では、春のスプリント王決定戦である高松宮記念の歴代勝ち馬と騎手を紹介する。古くは、ハイセイコーやトウショウボーイ、オグリキャップ、ナイスネイチャなどが前身の高松宮杯で優勝した歴史あるレース。昨今ではキンシャサノキセキやロードカナロアといった名馬たちも優勝している。
G1歴代勝ち馬一覧

フェブラリーステークス(G1)過去の勝ち馬と騎手・過去のレース傾向【歴代勝ち馬一覧】

この記事では、1984年にG3として創設され、1997年から現在のG1に昇格となったフェブラリーステークスの歴代勝ち馬と騎手を紹介する。改めて過去の勝ち馬を見てみるとホクトベガやライブリマウント、カネヒキリといったダート界を牽引した懐かしい名馬や柴田政人騎手・増沢末夫騎手などの往年の名騎手がズラリと並んでいる。

競馬コラム

競馬コラム

菊花賞の王道路線として愛された1999年以前の京都新聞杯を振り返る【競馬コラム】

京都新聞杯と聞いて、やはり思い返されるのは、菊花賞への王道路線である。これまで、多くの菊花賞馬を生んだ京都新聞杯は、日本競馬史に残る名馬が次々に誕生したといっても過言ではないだろう。そこで今回は、伝統あるステップレース・京都新聞杯を制した名馬たちを振り返りたい。
競馬コラム

【年度代表馬】歴代最強馬がズラリ!年度代表馬一覧【競馬コラム】

先日、2023年度の年度代表馬を始めとするJRA賞が発表された。ところで皆さんは、これまでの年度代表馬はご存じだろうか?そこで今回は、これまでの年度代表馬(JRA賞)一覧を掲載。歴代最強馬と言われる名馬・名牝たちがズラリ並んでいる。あなたの推し馬は果たして…
競馬コラム

同一年に春秋のグランプリを連覇した馬を調べてみた【競馬コラム】

この記事では、同一年に春秋のグランプリ、いわゆる宝塚記念と有馬記念を連覇した馬を調べてみた内容を綴っている。これまで、この記録を達成した馬は11頭、同一年ではないが連覇した馬が4頭とレース創設から約70年で15頭しかいないことを考えると、名馬中の名馬にしか達成できない記録かも知れない。
競馬コラム

ハービンジャー|記憶に残るKGⅥ&QES|観衆を驚かせた異次元の走りとは【競馬コラム】

この記事では『記憶に残るKGⅥ&QES 異次元の走りで観衆を驚かせたハービンジャーとは』と題して、競馬コラムをお届けする。日本での種牡馬生活を大成功に収めているハービンジャーだが、意外にも現役時代の大記録を知る人は少ないという。そこでハービンジャーの現役時代の走りを振り返り、改めて、その偉大さを確認したい。

競馬ランキング

競馬ランキング

【日本歴代最強馬ランキング】 1ハロン走破給を算出してみました。

日本歴代最強馬といえば、競馬ファンにとって十人十色。そこで今回は最強馬が走破した1ハロンをいったいナンボ稼いだのか。最強馬たちの1ハロン走破給を算出しました。題して「1ハロン走破給ランキング」です。少し違った角度での最強馬ランキングですので、ご堪能いただけるかと思います。
競馬ランキング

最強馬に底力を見せつけた名馬たち|競馬歴代最強馬ランキング 私的5選

この記事では、歴代最強馬に底力を見せつけたが惜しくも敗れてしまった、そんな名馬たちを紹介しています。あいつさえいなければ、G1馬になっていた。あの子さえいなければ、もっとG1を勝利できたなど、何となく切なく勝ち切れなかった名馬たちをご覧ください。
競馬ランキング

現役騎手 勝率ランキングTOP7 神セブン【歴代最強騎手ランキング2022 】

この記事では、現役騎手の中で誰が1番勝率が高いのか最強ランキング神セブンをお届けしています。勝率が高い=馬券圏内ですよね。馬券購入で迷ったときには、勝率が高い騎手を選べば馬券が紙吹雪になる確率も下がるのではないでしょうか。馬券の参考になれば嬉しいですね。
競馬ランキング

【歴代最強騎手ランキング】 元騎手の勝率歴代最強ランキング TOP10+2

競馬の花形の1つであるジョッキー。そんな騎手の勝率って気になりませんか? 今回は、元騎手で誰が最も勝率が高かったのか歴代最強ランキングとしてお届けしたいと思います。オールド競馬ファンなら間違いなく、懐かしく思い出に浸り、酒の肴になること間違いなしです!

競馬ニュース

競馬

祖母はマイル女王 2012年の天皇賞馬ビートブラックを懐古【週刊競馬ニュース】

2012年の天皇賞・春(G1)を14番人気で制したビートブラックが2月13日、重度の骨盤骨折にて栃木県宇都宮市の馬事公苑内で亡くなったことを翌14日にJRAが発表した。享年17歳。同馬は引退後、2023年春まで京都競馬場で誘導馬として活躍。
競馬ニュース

あの伝説の名馬と同じ道のり? 過去30年で前例なしも…ルメールの神騎乗でドゥレッツァが菊花賞を制覇!(菊花賞2023)【週刊競馬ニュース】

この記事では、週刊競馬ニュースと題し、2023年の菊花賞について綴っています。コーナー通過順位が1-1-3-2とまさにルメール騎手の神騎乗が光ったレースでした。勝ったドゥレッツァは重賞初挑戦での菊花賞制覇。これは過去30年をみても前例がなく、さらに遡ると33年前にメジロマックイーンが達成した偉業と同じ道のりだった…。
競馬ニュース

「不思議な縁を感じる」史上初の父子3代制覇に向け、かつてライバルだったサトノダイヤモンドの仔でマカヒキ陣営は菊奪取となるか?【週刊競馬ニュース】

この記事では、今週の気になるニュースをお届けします。今年の菊花賞に出走するサトノグランツ。管理するのは、かつてグランツの父サトノダイヤモンドの最大のライバルだったダービー馬・マカヒキと同じ陣営。しかも鞍上も川田騎手とあって、チーム・マカヒキがかつてのライバル馬の仔で菊花賞父子3代制覇の偉業に挑む。
競馬ニュース

母は牝馬三冠全て2着の名牝ヴィルシーナ。偉大な”母の忘れ物”獲りに…ディヴィーナに立ちはだかる名牝の仔とは?【週刊競馬ニュース】

14日に行われたアイルランドトロフィー府中牝馬S(G3)は、2番人気のディヴィーナが重賞初勝利を飾った。母は言わずと知れた牝馬三冠全て2着の名牝ヴィルシーナ。今回の勝利で次走はエリザベス女王杯が濃厚なディヴィーナだが、偉大な母の忘れ物を獲ることができるのか。また、それに立ちはだかる名牝の仔とは?
シェアする
真実良 | 競馬ライター kindle作家をフォローする
タイトルとURLをコピーしました