日本 歴代 最強馬 シリーズ 名馬たちの記憶③ 巨漢の短距離 最強馬 ヒシアケボノ

名馬たちの記憶

日本 歴代 最強馬 シリーズ

名馬たちの記憶③ 巨漢の短距離 最強馬 ヒシアケボノ

 

JRA史上最大(巨漢馬)のスプリンターをご存知だろうか。

あくまでもイメージとしてだが馬体重が大きい馬よりも小さい馬の方が速い。
その速さを競う短距離戦で巨漢馬が勝った例は数少ない。

しかし、
巨漢馬で短距離界の頂点に立った馬。それがヒシアケボノである。
今回は、史上最大のスプリンターと称賛された彼の記憶を振り返ろう。

巨漢の短距離最強馬ヒシアケボノ

バランスの取れた お買い得だった大型馬

ウッドマンは愛国で活躍した早熟スプリンター。母はミステリーズ(父シアトルスルー
父・母の父とも世界的大種牡馬。その良血を受け継いだ彼は、米国で産声を上げる。
その後、当時の米国経済が味方したのかセリ市価格で5万ドルという超お買い得で落札された。
ちなみに海外(仏国と英国それぞれで1勝)GⅠ馬となった半弟のアグネスワールド(父Danzig)は20倍の100万ドルで落札されている。その差は何と20倍である。

さて、超お買い得だった彼は、
「当歳馬だから顔つきこそ幼いが、悠揚迫らぬ雰囲気を持っていて、すぐさま横綱の曙を連想した。アメリカ生まれという点も共通している。日の出のイメージだし語呂もいいではないか」
との由来から馬名をヒシアケボノと名付けられた。

驚愕の552kgデビュー

そんな超お買い得だったことも知らずヒシアケボノは、すくすくと成長を見せる。
そして、
デビュー前、オーナーが厩舎を訪れた時の談話が以下である。
「このままのペースで行ったら、ゲートに入るんだろうかって心配になった。体が大きすぎて競走馬になれなかった、なんてことになったら失笑を買うだろうからね。ただ、よくよく見ると顔も体も大きいが、脚も太くて全体のバランスは取れていた。自分が惚れて買った馬じゃないですか。そう思うとだんだん頼もしく映ってきたから不思議だね」

超大型馬で超お買い得だったヒシアケボノは、このようにオーナーからの愛情を受け過ぎたのか、すくすくと育ちすぎてしまう。
その後、3歳(現2歳)の秋、東京競馬場でデビューした時の馬体重は552kgだった。まだ2歳馬でデビュー時に550kg超である。どれだけ巨漢だったのか数字が物語っているだろう。

ちなみに競走馬(牡馬)の平均体重は470kg前後だと言われているが、ヒシアケボノの場合、平均して560kg前後もあった。そしてヒシアケボノが走った全30戦のうち最高馬体重での出走は圧巻の582kgである。

巨漢馬としてデビューから話題を呼んだヒシアケボノは翌年の夏までに6戦を要し、ようやく初勝利を挙げる。
そこから一気に1勝、2勝、3勝クラスと3連勝でオープン入りを果たす。
なお、未勝利戦を含め4連勝となったレースは全て芝1200mである。

オッズよりも馬体重の馬

スプリンターの父ウッドマンの血を見事に受け継いだ彼の最大目標。それは、スプリンターズステークスGⅠである。現在の秋開催ではなく、当時は暮れの開催だった当レースを目指す中、秋の重賞に挑戦。
1つは芝1600mの京王杯オータムハンデ。これは距離が長かったのか3着と惜敗。
2つ目は地方競馬のダート1200m重賞に出走。1番人気だったが6着と敗退。これは、明らかにダートが巨漢のスプリンターに合わなかったのだろう。

画像はイメージです。

そして、
迎えたマイルチャンピオンシップGⅠのステップレース芝1400mのスワンステークスGⅡ。
暮れのスプリンターズステークスを最大の目標とするも、その前に行なわれるマイル王にも狙いを定めたローテーションである。

ここで2着のノーブルグラス(父ミルジョージ)に4馬身差を付けて圧勝する。
芝1200mだけではなく、芝1400mいや、マイルでも通用する脚を披露。
秋のマイル王に向けて大きく前進したレースとなった。
余談だが、このレースにはオグリキャップの初仔であるオグリワンも出走していたが最下位に敗れている。


※オグリキャップの直系が存在していた記事はこちらをご覧ください。

日本 歴代 最強馬 伝説の名馬オグリキャップの直仔は存在するのか?
この記事では、オグリキャップの直系牡馬(4世代目)が僅か2頭ながら門別競馬場で今年デビューすると知って綴ったものです。まさか、昭和のアイドルホースでありながら伝説の名馬オグリキャップの血が直系(父系)で繋がっているとは夢にも思いませんでした。感動ものです。

その後、迎えた秋のマイル王決定戦マイルチャンピオンシップではビコーペガサス(父Danzig)に次いでの2番人気に支持されるも上がり最速を魅せたトロットサンダー(父ダイナコスモス)の3着に敗れた。

マイル戦では敗れた。しかし、スプリント戦では負けられない。
次走はヒシアケボノ自身最大目標であるスプリンターズステークスである。

レース当日、ファンはある意味オッズよりも馬体重に興味を示す。
馬体重が発表されると競馬場や場外馬券売り場では、ざわめきや喚声が上がった。

馬体重は、驚愕の560kg。

電撃の6ハロン戦はビコーペガサスや海外の有力馬が参戦する中、鞍上の角田晃一元騎手が
「馬体全体にバランス良く筋肉が付いているだけで、別に太っているわけではない。普通に力を発揮すれば負けない」
と豪語した通り、力で捻じ伏せる形で見事1番人気に応えGⅠ初制覇を達成した。

なお、ヒシアケボノがスプリンターズステークスを制した時の馬体重560kgは現在もGⅠ優勝馬の最重量記録である。

生涯で芝1200mは5戦5勝。
短距離戦で無類の強さを魅せた巨漢馬ヒシアケボノ。
しかし、ヒシアケボノが魅せた勝利はこれが最後となった。
父親譲りの早熟ゆえか6歳(現5歳)の暮れまでの2年間で16連敗。

ダイナミックな走りでファンを賑わせた巨漢馬は、ここでターフに別れを告げた。

超大型馬として歴史に名を刻む

引退後は、16歳で亡くなるまで約150頭もの産駒を輩出。
これといった活躍馬はいないが、孫のクラウンロゼ(父ロサード)が祖父からの血を受け継いだ唯一の重賞勝ち馬として、僅かだが血を繋げている。

画像はイメージです。

最後に
競走成績よりも馬体重の方が何かと話題になった彼のエピソードを紹介したい。

●最低体重と最高体重が同じ
弟アグネスワールドも大型な競走馬で知られており、出走時の最高体重は518kg。
しかし、その体重は兄ヒシアケボノの持つ出走時の最低体重と同じだった。

●超健康馬で晴れ男
通常よりも特に大型馬は細い脚に負担がかかるため怪我が多い。
ところが、彼は生涯で30戦を走り、脚の怪我など無縁だった超健康馬だった。
また不思議と全30戦、全てが良馬場だったのも関係しているかもしれない。

●大型は、なかなか勝てない?
馬体重の大き過ぎる競走馬は、デビューしてもなかなか勝ち上がれない中、現在もGⅠ勝利の記録を持つ馬はヒシアケボノしか存在しない。
現在でも大型馬と言えば、いの一番に彼の馬名が出るのは、それだけヒシアケボノの残したインパクトが強かったからだろう。

巨漢馬として、
一時代を疾風の如く駆け抜けたヒシアケボノ。
彼が残した雄大な馬格と馬名のインパクトは、我々ファンの中でいつまでも生き続けるに違いない。

Woodman Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Playmate Buckpasser
Intriguing
Mysteries Seattle Slew Bold Reasoning
My Chamer
Phydilla Lyphard
Godzilla

生涯戦績 30戦5勝(6-1-6-17)
主な勝鞍 スプリンターズステークスGⅠ


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あなたのポチっとで勇気をもらえます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました