名牝たちの記憶

名牝たちの記憶

サンエイサンキュー|歴代最強馬|”酷使”という宿命を背負った名牝|名牝たちの記憶㉕

この記事では、日本歴代最強馬 名牝たちの記憶㉕”酷使”という宿命を背負った名牝サンエイサンキューを紹介。430kg前後の小さな芦毛の馬体で1年半も休むことなく、走り続けたサンエイサンキュー。そして、迎えた有馬記念で彼女の脚は、限界をとうに超していた。それはまさに酷使と呼べるほど、明らかに使われ過ぎが原因だった。
名牝たちの記憶

ホーリックス|歴代最強馬|2222の死闘を演じた名牝|名牝たちの記憶㉔

この記事では、名牝たちの記憶㉔ 2222の死闘を演じた名牝ホーリックスを紹介。1989年のジャパンカップは、日本からオグリキャップやスーパークリークといった超名馬たちが、凱旋門賞馬キャロルハウス、前年の覇者ペイザバトラーなどを迎え撃つレースとなるはずだったが…
名牝たちの記憶

デアリングハート|歴代最強馬|助演から主演への系譜|名牝たちの記憶㉓

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名牝たちの記憶㉓助演から主演への系譜デアリングハートを紹介。2005年の牝馬世代は未だ最強牝馬世代との呼び声高い。その中でも最強のライバル馬たちと戦い続け、名バイプレーヤーとして名を馳せたデアリングハート。15年後に孫のデアリングタクトが史上初の三冠牝馬に輝くとは、いったい誰が想像しただろうか…。
名牝たちの記憶

エアメサイア|歴代最強馬|母の無念を晴らした天才との道|名牝たちの記憶㉒

この記事では、日本歴代最強シリーズ名牝たちの記憶㉒母の無念を晴らした天才との道エアメサイアを紹介。2005年の牝馬三冠レースを大いに賑わした1頭のエアメサイア。母のエアデジャヴーが牝馬三冠レースすべてを惜敗した中で娘のエアメサイアも惜敗が続いたが、最後の一冠にて栄光を勝ち取るのである。
名牝たちの記憶

ラインクラフト|歴代最強馬|天才2世が愛した早逝のヒロイン|名牝たちの記憶㉑

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名牝たちの記憶㉑天才2世が愛した早逝のヒロイン ラインクラフトを紹介。史上初となる桜花賞・NHKマイルCを制し、変則二冠馬に輝いたラインクラフト。しかし、突然の病が偉大なる彼女の命を奪い去ったのである。
名牝たちの記憶

スティルインラブ|歴代最強馬|夭逝の三冠牝馬|名牝たちの記憶⑳

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名牝たちの記憶⑳夭逝の三冠牝馬スティルインラブを紹介。名牝アドマイヤグルーヴの永遠のライバルとして戦い、二十一世紀初の三冠牝馬に輝いたスティルインラブ。しかし、三冠獲得後は、一度も勝利の女神が微笑むことはなく、繁殖入り後、病にて急死。あまりにも薄命な馬生だった。
名牝たちの記憶

クロノジェネシス|歴代最強馬|グランプリ女王|名牝たちの記憶⑲

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名牝たちの記憶⑲グランプリ女王クロノジェネシスを紹介。2019年は、近年稀に見る最強牝馬世代と言われた。その中で秋華賞を制し、古馬になってからグランプリ三連覇という偉業を達成したクロノジェネシスは、牝馬最強時代を築き上げた1頭といっても過言ではないだろう。
名牝たちの記憶

リスグラシュー|歴代最強馬|遅咲きの女王|名牝たちの記憶⑱

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名牝たちの記憶⑱遅咲きの女王リスグラシューを紹介。早くから活躍を見せるものの勝ちきれない日々が続いたが、父ハーツクライの特徴である遅咲きの代名詞を開花させるとG1・3連勝で一気に年度代表馬にまで上り詰めた遅咲きの女王である。
名牝たちの記憶

ラッキーライラック|歴代最強馬|4度咲きの幸運の花|名牝たちの記憶⑰

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名牝たちの記憶⑰4度咲きの幸運の花ラッキーライラックを紹介。無敗で2歳女王の座に就くも最強女王アーモンドアイと同世代に生まれた定めか雪辱を何度も味わった。しかし、幸運の花は、その都度立ち上がり4度も開花させたのである。
名牝たちの記憶

ニシノフラワー|歴代最強馬|花のスピード女王|名牝たちの記憶⑯

この記事では、日本歴代最強馬シリーズ名牝たちの記憶⑯花のスピード女王ニシノフラワーを紹介。海外からの持ち込み馬として日本で誕生したニシノフラワー。その卓越した早熟たるスピードにて、アドラーブルなどのちの名牝たちを次々と破った1990年代を代表する名牝である。
シェアする
真実良 | 競馬ライター kindle作家をフォローする
タイトルとURLをコピーしました