日本 歴代 最強馬 シリーズ 名馬たちの記憶② 短距離最強馬サクラバクシンオー

名馬たちの記憶

日本 歴代 最強馬 シリーズ 

名馬たちの記憶② 短距離最強馬サクラバクシンオー

 

 

サクラバクシンオーは、生まれ持ってのスプリンターだった――。

その言葉は、現役引退から30年経った今でも日本競馬史上最強のスプリンターと評価されている。

今回は、短距離界を驀進した王についての記憶を呼び戻したい。

史上最強の短距離王 サクラバクシンオー

スプリンターとしての宿命

生涯戦績は21戦11勝。

そのうち1400メートル以下に限ると12戦11勝と無類の強さを発揮。

唯一の敗北は、初のGⅠ出走となった4歳時、暮れのスプリンターズステークスのみである。

このレースには、

その年にマイルチャンピオンシップGⅠを連覇したダイタクヘリオスが1番人気。2番人気の桜花賞馬ニシノフラワーに続く3番人気に支持されるが、結果は6着。

逆に1400メートル以上のレースは9戦0勝と全く勝てなかった

これも最強スプリンターの宿命なのか。

血統は中距離配合

サクラハゴロモは、天皇賞(春)と有馬記念、いわゆる中長距離GⅠを制したアンバーシャダイの全妹。

サクラユタカオーも天皇賞(秋)を制している。

そして、

1歳上の従兄にあたるイブキマイカグラも1600メートルのGⅠを勝ったが、主に中〜長距離で活躍を見せた馬だった。

血統的には、父や叔父、従兄などの一族が中〜長距離を得意とし、明らかに中距離向き。当然、サクラバクシンオーも距離の長い方が良いのではないかと見られていた。

模索する競走適正

ここからは、彼の競走成績から記憶を振り返ってみたい。

4歳の1月にデビュー戦を迎えるが、なぜかダート戦だった。しかも距離は1200メートルである。

レースは、2番人気ながらもスタートから先頭に立ち、5馬身差の圧勝。

彼が経験した最初で最後のダート戦だった。

今思えば、その圧勝劇を見ると距離適性さえ合えば、芝でもダートでも関係なかったのかも知れない。

続く2戦目となった条件戦は、芝1600メートルだったが、2着と好走。

3戦目は芝1200メートルの条件戦とあってか逃げ切り快勝。

走破タイムが、同日同条件の古馬よりも0秒3も上回る好タイムだった。

ここまで3戦2勝。デビューが遅かったため、この時点で春先を迎えていたが、牡馬として生まれた以上、クラシックを目指すのは当然だろう。

4戦目を皐月賞トライアル、スプリングステークスGⅡ(芝1800メートル)とした。

しかし、勝ったミホノブルボンに3秒5差の12着と大敗した。

このレースの大敗理由を

「蹄の形から滑る馬場は良くない。綺麗に脚を伸ばして走るので、敵は雨だよ」

調教師は、そう振り返った。

蛇足だが、このレースでの4着は、のちの菊花賞馬ライスシャワーだった。

雨の理由もあった前走を見て陣営は、この時点で中距離以上を断念。それは、彼にとっても生涯一度のクラシック路線の断念を意味した。

クラシックから短距離路線に矛先を向け、次走に選ばれたのは、1200メートルのクリスタルカップGⅢ。

ここでは短距離適正を遺憾なく発揮。

3馬身差の圧勝劇を見せ、初重賞制覇となる。

しかし、次走1600メートルのニュージーランドトロフィーGⅡでは、シンコウラブリイの7着に敗れてしまう。

画像はイメージです。

 

父に初栄冠から連覇

短距離界で徐々に頭角を現したサクラバクシンオーが、ついに父サクラユタカオーに初栄冠をプレゼントしたのが、5歳で迎えたスプリンターズステークスGⅠだった。

この年の安田記念、天皇賞(秋)とマイル・中距離・スプリンターの3階級制覇を眼前に控えたヤマニンゼファーが1番人気。

彼にとっては、大きな壁となる存在だった。

しかし、結果的には、ヤマニンゼファーに2馬身半差を付けてのGⅠ初勝利。父サクラユタカオー産駒としてもGⅠ初制覇となった。

なお、このレースには、もう1つ感動的なエピソードがある。

レースの8日前、鞍上の小島太騎手がオヤジと慕ってきた馬主が死去された。

「絶対に負けられなかった。これまでの騎手人生で最高の仕事が出来た」

と小島太騎手は、レース後にそう語っている。

天国のオヤジにムスコの想いが届いたのは違いない。

そして、

翌年、連覇のかかるスプリンターズステークス。

勝敗に限らず、彼は、このレースを持って引退が決まっていた。

結果は、

4馬身差の圧勝。1分7秒1の日本レコード(当時)というおまけ付き。

見事に連覇を達成した。

最強スプリンターと呼ばれる理由

スプリンターズステークスを2勝という勲章を持って引退、種牡馬入りとなったわけだが、GⅠを2勝した名馬は多数存在する。ましてや、それ以上にGⅠを勝って種牡馬入りする名馬もいる中、

なぜ彼が未だに史上最強スプリンターと呼ばれるのか――。

その理由の1つは、

5歳の秋、1400メートルのスワンステークスGⅡにて走破タイム1分19秒9を樹立。

これは当時の日本レコードで2017年に更新されるまで23年間破られることがなかった大記録となった。

2つ目に

現役当時、1200メートルなら世界最強だったかも知れない説である。

その理由は、スプリンターズステークスを連覇した馬が19年間も現れなかったからである。

ちなみにロードカナロアが19年振りに連覇を成し得ている。

約20年もの記録を更新されなかった、この2点が、日本競馬史上最強スプリンターと呼ばれる所以かも知れない。

 

画像はイメージです。

 

父として……

引退後、第2の馬生を種牡馬として送り、この世を去るまでに残した産駒は、全部で1569頭。

そして、彼は2011年の4月、心不全にて世を去る。22歳だった。

なお、1500も残した直仔もスプリンターが多く、彼と同じく1200メートルを得意とした。該当距離の勝利数655(2012年7月までの時点)は、2位フジキセキ産駒の312勝に2倍以上の差を付けている。

そして、

種牡馬としては、短距離〜マイルで活躍したGⅠ馬3頭を輩出。

ショウナンカンプ(高松宮記念)

ビッグアーサー(高松宮記念)

グランプリボス(NHKマイルカップ)

といった現在活躍中の後継種牡馬を輩出している。

また、彼は、短距離馬だったにも関わらず、母の父として孫のキタサンブラックが中〜長距離のGⅠを7勝した。

これは、決して競馬は血統通りにはならない。

これこそが競馬の醍醐味、だから競馬は面白いと言えるのである。

サクラユタカオー テスコボーイ Princely Gift
Suncourt
アンジェリカ ネヴァービート
スターハイネス
サクラハゴロモ ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
クリアアンバー Ambiopoise
One Clear Call

生涯戦績 21戦11勝(11-2-1-7)
主な勝鞍 スプリンターズステークスGⅠ 2回

※本文では、当時の馬齢表記に合わせて、旧表記(現表記+1歳)で表記しています。

 
 
 
ポチっとをお願いします↑↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました